在庫管理を何とかしたいと思っていませんか

■在庫管理は古くて新しい問題

Excelでの在庫管理は操作が単純ではなく、ベテランの担当者がいなくなった時の不安があっても、システムの導入には疑問を持っていませんか。

システム提案を受けて検討したら、不要な部分が沢山あったり、必要な機能が無く小回りが利かず、追加修正を依頼すると想定を超える金額を提示され、踏み切れないことはありませんか。

高額なシステムを導入してしまったが、使いづらく効果が無いまま利用し続けるということになり、残業の固定化や高コストIT費用、人間系のツギハギ処理によるミスの発生が続いていませんか。

在庫管理に関するこのような状態は何十年も前から存在しており、いまだに古くて新しい問題となっています。

 

■在庫管理にはいくつもの形がある

在庫管理の古くて新しい問題の原因は、在庫管理業務が一つの形ではなく、いくつもの形態があるところから発生します。

次元1:高額商品の個体(番号)管理 と 汎用品の数量管理

次元2:通常品の先入先出 と 食品等の製造日管理

次元3:小規模 中規模 大規模

次元4:バーコード化の 有 無

次元5:関係先への報告やデータの連携

これら次元が複雑に絡み合って、実際の現場作業・事務が構成されているところに在庫管理システム導入の難しさがあります。

一般にパッケージ型在庫管理システム(WMS)は、どのような形態にも適合するように“大は小を兼ねる”的に大きく作ってあり、実際の利用者にとって本当に必要な部分は2~3割程度で、不使用部分に無駄なお金を払っています。

 

■在庫管理の導入ポイント

そこで、自社の在庫管理業務の形にぴったり合った在庫管理システムが選択できれば、正確な在庫管理やExcelからの脱出による大幅な事務時間短縮が可能になります。

まず、自社の在庫管理業務の骨格がどの型になるかを見極めます。

例えば、①数量管理、②製造日管理、③中規模、④商品コードがバーコード化されていて、⑤出荷した商品の製造月日管理報告が必要、等を把握します。

そして、その骨格にジャストフィットした在庫管理システムを提案できる業者を探し出します。

導入ポイントは、①業者が在庫管理業務に精通している、②システムの内容が骨格に合っていて軽くできている、③導入実績がある、④導入コストが見合っている、⑤導入後のメンテナンスがしっかりしている、事です。

 

■PCGの在庫管理システムはーJF(ジャストフィット)

PCGの在庫管理システムJF(ジャストフィット)は、提供先の企業で70社を稼働させている実績があります。システムは軽快で応答速度は早く、ユーザー企業の在庫管理の骨格に合わせ、必要な分だけのサブシステムをはめ込んで構築するため、無駄がなく、低コストで、早期稼働が可能です。

また、この技術的に安定し実績あるシステムをクラウドに乗せ換えた、最新鋭のシステムの提供を開始しています。このクラウドシステムは24時間365日利用可能となっています。

 

もっと詳しく⇒